SPX500テクニカル分析、2020年7月24日

Exclusive Markets Analysts
独占市場アナリスト

SPX500:


技術的展望:

SPX500(スポット)は、約3280レベルに意味のあるトップを刻んでいる可能性があります。指数は昨日急激に逆転し、なんとか3235レベルで取引を終えました。クマは今ここから2750と2300のマークに向かって低くなる傾向があります。

SPX500のより大きな次数の波の構造は、インデックスが日次チャートで一次波(1)と(2)を正常に切り分けた可能性があることも示しています。 3400から2200への低下は5つの波であり、チャートにインパルス波(1)を作りました。

理想的には、フラットまたはジグザグの場合、インパルス波の後に3つの波からなる補正波が続きます。 SPX500は、最近、2200レベルから3280マークまでの逆トレンドラリーを生み出しました。そこでジグザグ修正波が完成したようです。

ここでは、グラフで波(2)とマークされています。上記が当てはまる場合、SPX500は理想的には3280マーク未満に留まり、最終的に2750、2300、および2200マークに向かって低くなり、Wave(3)が進むにつれて低下します。クマはこれからもコントロールされ続けると予想されます。

また、波動(2)は波動(1)のフィボナッチ0.88リトレースメントまで回復したことに注意してください。これは波動原理のガイドラインによる典型的な特性です。 Wave(2)は、現在のWaveのように、修正に深く入り込むことがあります。結論として、波の始まり(1)を横切らないようにします。この例では、このレベルは3400とマークされています。

さらに、この指数は日足チャートに巻き込む弱気ローソク足パターンを生成し、潜在的な弱気反転を示しています。 3100を下回った場合は、SPX500がWave(3)の低下を再開したことを確認できます。


取引戦略:

3400に対してショートし、2200未満をターゲットにします。

免責事項: 本記事は、お客様への投資アドバイスや推奨を目的として作成されておりません。あくまでマーケティング資料としてお使い頂く為のものであり、取引の決定についてお客様を混乱させたり誘導したりすることを意図したものではありません。お客様により実施された投資活動は、全て自主的な決定とし、如何なるマーケット媒体・リサーチ記事やメディアにて公開された情報に基づき決定された投資において発生した損失に関して、弊社はいかなる瑕疵も負いません。

リスク警告: 外国為替証拠金を含むCFD商品などレバレッジを利用したお取引はお客様にとって有利にも不利にも大きく作用する為、急速に投資資金を失う恐れがございます。CFD商品がどの様な商品であるか、又どの様に機能するのかなどお客様ご自身でご理解頂くと共に、許容出来るリスク範囲内で投資活動を開始される様お願い申し上げます。

この投稿を共有 >>    

共有
共有
共有
共有